綴る

草の布 ―からむし織の里を訪ねて

karamushi1

七月の終わりに、福島県奥会津にある昭和村を訪ねてきました。
そこは「からむし織の里」と呼ばれ、ちょうど七月の土用の頃から八月のお盆前に
おこなわれる、からむしの「刈り取り」と「皮はぎ」、「苧引き(おひき)」という
作業をみせていただきました。

からむしはイラクサ科の植物で、別名苧麻(ちょま)や青苧(あおそ)ともいいます。
600年以上も前から、昭和村ではからむしが栽培されてきました。
新潟の小千谷縮(おぢやちぢみ)や越後上布(えちごじょうふ)の原料となるの麻糸も、
昭和村のからむしが用いられています。

karamushi2

案内してくださった舟木由貴子さん、作業場をみせてくださった渡辺悦子さん。
二人とも昭和村の出身ではなく、からむし織に魅せられてこの地へやって来ました。
そして、からむし織の修行を終えたあとも村に暮らし、からむし織を残していくこと、
伝えていくことに取り組んでいらっしゃいます。
二人は私と同年代で、同じくらいの年齢の子どもがいるお母さんでもあります。

karamushi3

さっそく刈り取りをしている場所に連れて行っていただきました。
これは男性の仕事だそうで、作業をしていたのは悦子さんのご主人の渡辺文弘さんです。
まっすぐ空に向かって伸びたからむしを、渡辺さんが一人で黙々と刈っていきます。
多年草であるからむしは、刈ったあとに新しい芽をだします。
また翌年に伸びたからむしを刈って芽が出て…と繰り返されるなかで、
人が土を踏みかためて根を痛めないよう、刈る人以外は聖域である畑に立ち入りません。
こうして上質なからむしが大切に守り継がれています。

karamushi4

刈られたからむしの葉を落とし茎だけにして、決められた尺に切り揃え、
清水にひと晩浸し、茎の皮を2枚に剥いでいきます。
ここまでが男性(家族内の分担として、基本的には夫)の仕事です。
そしてここから女性(妻)へとバトンが渡されるのです。

karamushi5

サッーサッーサッーと小気味よい音が響き、作業場に漂う青草の香りは、鼻腔から脳へと
爽快な風を届けてくれました。
苧引き板の上で、苧引き具(おひきご)という鉄製の刃がついたへらで草の表皮を削いでいきます。
すると、ほんのりと草色をした繊維が顔を出し、真珠のような光沢を放ちます。
その美しい輝きのことを、昭和村の人たちは愛情と誇りをもって「キラ」と呼んでいるそうです。

karamushi6

夏の作業を終えると秋には糸にしていく苧績み(おうみ)、そして機織りへと続いていきます。
また二十四節気の一つである五月の小満には、「焼き畑(やきはた)」といって、わらなどの
焼き草をからむし畑に敷いて燃します。
からむしの発芽を揃えて病害虫の発生を抑える、大切な作業のひとつなのだそうです。

karamushi7
karamushi8

昭和村では、さまざまなことがつながっています。
それは、どれも欠かすことのできない季節ごとの作業の循環や、
いにしえから受け継がれてきた伝統的な手法であったり。
家族で分担する作業は男性から女性へ、また親から子への架け橋となります。
このようにさまざまなバトンタッチから生まれるからむし織は、布となってからも
草であった面影を残して涼しげなのに、どこか逞しく骨太な感じがしました。

由貴子さんと悦子さんは、からむし織を反物や帯といったものだけではなく、
別の形で私たちに届けてくださる方法を考えていらっしゃいます。
以前に、あるお茶会のイベントで、バーナード・リーチの茶器にからむし織の帛紗を
組み合わせたそうです。
「バーナード・リーチの茶器に負けないくらいの存在感があると思いました」
と目を輝かせて語っていた由貴子さんの顔が頼もしく、とても印象に残っています。

追記:
帰る途中で益子のスターネットに寄ってきました。
馬場浩史さんが星となって一年。
この凛とした空間が好きだなぁと思いながら、スターネットでお茶をいただき
馬場さんを偲んでまいりました。

Date 2014-08-20 | Posted in 綴る |