お知らせ

反物を納めてまいりました ―大人のピンク色

otonanopink

4歳のわたしの娘は、ピンク色が大好きです。
彼女が自分で身じたくをすると帽子、Tシャツ、スカート、靴下に靴と全身ピンク色になり、ギョッと
してしまいます。
「スカート、こっちはどう?」と別の色を提案しても、自分で選んだピンク色コーディネートを貫き
ルンルンと心弾ませているようです。
いっぽうわたしはモノトーンの洋服を着ることが多く、ピンク色がわたしの手もとからなくなったのが
いつなのか、遠い昔のことで思い出すこともできません。

大人になったわたしが大きく心を動かされたのは、桜の枝で染めた桜色に出合ったときでした。
ほんのり灰色がかった淡い桜の花びら色。
そんなやさしく上品な桜色のきものは、若い方でしたら初々しさの中にもしっとりと、逆に年齢を重ねた
白い御髪の方には華やかに、お召しになっていただけると思います。

しかし今回は、団栗や梅の枝、矢車附子で染めたグレーやベージュの中に、あえて茜染めのピンク色を
入れて縞をたててみました。
大人の女性にもピンク色のきものを素敵に纏っていただきたい、と意識して織った反物です。

青山八木 に納めてまいりました。

Date 2016-06-16 | Posted in お知らせ |