綴る

ワークショップの後日


この春は桜をたっぷり堪能しました。
色と香りの標本箱 vol.05桜」ワークショップは、参加してくださったみなさんを迎えて、香の鞍田愛希子さんと食の橋本美朝さんと色のわたしで、3人らしいお花見ができたのではないかと思います。

ソメイヨシノが満開だったワークショップ日の一週間後には、次はわたしが主役よ!と言わんばかりに、ぼんぼりのような八重桜が咲き誇っています。
淡くはかなげなソメイヨシノとはまた違って、花の色も形も華やかです。

わたしの仕事柄、花や葉の色はもちろんのこと、染料となる桜の枝を煎じた色や、染め上げた色ばかり着目しがちですが、形や香り、味わい、効能など、これまで知らなかったことや見過ごしていたことを、愛希子さんと美朝さんが教えてくれたり、気づかせてくれます。

今春の桜の締めくくりは、先日のワークショップで愛希子さんが行ったモイストポプリづくり。
桜の花や葉と塩を密閉容器に入れておくだけという、じつにシンプルなものですが、ポプリとしても、食用としても、お風呂に入れても、多様な楽しみ方が魅力です。

仕事で北海道にいる愛希子さんに電話で助言いただき、遠方から美朝さんも手伝いにきてくれました。
「色と香りの標本箱」の活動として、容器の大きさもさまざまにひたすら試作し、気づけば日が暮れていました。
ふぅ、冬の染色から続いた桜の仕事はこれでひと段落です。

眩しい新緑の季節は、もうはじまっています。

Date 2017-05-03 | Posted in 綴る |