綴る

紺色の実

今年も、紺色に熟した臭木の実を採取する時期がやってきました。
標高が高いのは適していないのでしょうか。
以前に暮らしていた鎌倉ではあちらこちらで臭木を見かけたのに、八ヶ岳山麓ではずっと探し、昨年ようやく一箇所見つけることができました。
それは崖の下斜面に4〜5本群生していて、ハーネスを装着してロープで下りようか迷うほど難所なのですが、なんとか高枝切り鋏を使い届く範囲でいただいてきました。
ほんのわずかでも、「今年の実」が収穫できて嬉しいです。

採取してきたら、星型の萼から実だけを集めます。
それは、小さな助手にお願いすることにしました。

夢中になっていた彼女の指先は、もうすでに青く染められていました。

Date 2018-10-31 | Posted in 綴る |