メディア掲載

和樂


『和樂』2018-2019年12・1月号 小学館
pp.200-203「森田空美が伝えたい 明日のきものを担うひと」(第五回)

きもの研究家の森田空美先生に、お忙しいなか遠方までお越しいただきました。
ご自身はもちろんのこと、多くの方を着付け、きものの着心地を熟知いらっしゃる先生に、わたしの反物を触っていただけましたことは、とても貴重な機会でした。
「柔らかすぎないから、袷(あわせ)だけでなく単衣(ひとえ)にも仕立てることができますね」とのお言葉をいただきました。

風合いは、織り手にとって一番の課題ではないでしょうか。
織地は、すぐに調整できるものではありません。
実際に織って、違う糸にしてみたり、緯(よこ)糸の打ち込み方を軽くしてみたり…と少しずつ微調整を重ねて納得いくものに近づけていくのですが、そこは一進一退の作業です。
わたしのきものは、まだまだ途上であります。
ひとり模索しているなかで、きものをお召しになる専門家のご意見を伺うことができ感謝しています。

Date 2018-11-01 | Posted in メディア掲載 |