Press "Enter" to skip to content

綴る

きものと湯たんぽ


もう何年もまえになりますが、師走のころ友人宅に泊まったとき、友人が布団のなかに湯たんぽをそっとしのばせておいてくれました。
なにも知らなかったわたしは、布団に入りひんやりするのを覚悟していたので、一瞬にして緊張がほぐれる温かさと友人のさりげない心遣いに甚く感動しました。

2014年12月10日 | Posted in 綴る |

庭の境界


わたしの頭の中には、以前に暮らしていた鎌倉の染料地図があります。
できるだけ身近にある植物で染めたいと思っていて、自宅の庭木はもちろんですが、家の近所を散歩しながら出合う植物で染めるたびに、頭の中の地図に場所と色が記憶されていきました。

2014年11月24日 | Posted in 綴る |

晩秋/初冬

banshu:shoto1

山から吹きおりてくる風が冷たいと思ったら、八ヶ岳のなかでも高い山々の頂に雪がかかっていました。
日に日にその面積は広がり麓まで近づいてくるようです。

こちらに移り住んで初めて迎える冬。
いまの彩りを存分に味わっておこうと思います。

banshu:shoto2

2014年11月16日 | Posted in 綴る |

京都へ

台風が接近しているという日曜日の早朝、京都へ向かいました。
師匠である志村ふくみ先生の卒寿のお祝い会に出席するためです。

2014年10月21日 | Posted in 綴る |

夕闇

yuyami

散りぎわの花のような夕闇の華やかさ
あの色を写しとりたい

2014年10月21日 | Posted in 綴る |

収穫のまえ

shuukakumae1

冬から春に向かうのがゆっくりな寒冷地であるこのあたりは、春がくるのを首を長くして待っています。
それにくらべ夏から秋にかけては、夏の終わりを名残惜しんでいるまもなく秋が駆け足でやってくるような
気がします。

2014年9月27日 | Posted in 綴る |

森のじかん

morie1

標高1300メートルのところにある娘が通う保育園では「森のじかん」というのがあって、
子どもたちは保育園に隣接している森で多くの時間を過ごしているようです。

2014年9月20日 | Posted in 綴る |

草の布 ―からむし織の里を訪ねて

karamushi1

七月の終わりに、福島県奥会津にある昭和村を訪ねてきました。
そこは「からむし織の里」と呼ばれ、ちょうど七月の土用の頃から八月のお盆前に
おこなわれる、からむしの「刈り取り」と「皮はぎ」、「苧引き(おひき)」という
作業をみせていただきました。

2014年8月20日 | Posted in 綴る |

はじまりの白

未晒しの白い絹糸は、そのままでも存在感があって美しい。

絹糸は、蚕が蛹になる過程で自らを包むためにつくった繭から糸を繰ったものだ。
繭を鍋の中で煮る。蚕が繭をつくっていくのを巻き戻すように、糸口からするするっと空気中に引き出された繊維は、みるみるうちに光の筋のような糸となっていく。

2014年7月31日 | Posted in 綴る |